ドッグセラピー

あなたはドッグセラピー(アニマルセラピー)というと、どんなイメージを思いうかべますか?

 

あなたが愛犬を癒すこと?!と思われたでしょうか?

 

メディアでも報道されるようになり、高齢者施設や病院を訪問して、わんちゃんとふれあっている風景を思っておられたでしょうか?

 

わんちゃんが様々な施設を訪問し、ふれあい活動をするのがドッグセラピーになります。
アニマルセラピー・ドッグセラピーという言葉は日本でうまれ日本でしか通じません。

 

一般にアニマルセラピーとはAnimal Assisted Activity動物介在活動になります。

動物とふれあうことによる情緒的な安定、レクレーション、QOLを目的としたふれあい活動です。

特定非営利活動法人 心織ここる

設 立 趣 旨

 人と動物の絆がもたらすキセキは、飼い主と一緒に暮らしている動物と参加することにより生まれます。

メディアでもアニマルセラピーとして紹介されていますが、まだまだ認知度は低く、また活動に参加しようと思ってくださるボランティアさんの不足も課題になっています。

ひとりでも多くの方に知って頂き、アニマル・アシスティド・セラピスト(セラピー犬)の育成事業を行い、動物介在活動・教育・療法の推進、人と動物の共生、健全な生活、一般家庭犬の飼い主のマナー向上に寄与することを目的に設立致しました。

 

 ドッグセラピーをとおして、ある知的障害者施設と出会い、はじめて障がいのある人達の魅力を知ることになりました。

また、何か出来ることはないかと考えるようになりました。施設内で織られているさをり織や、障がいのある人達のアートを自己表現と社会参加だけではなく「仕事=収入」につなげ、障がいのある人たちが生きがいや誇りをもって生きていけるよう、ものつくり支援、中間支援に関する事業を行っていきます。

 

 また一般社会に対して、障がいのある人達の魅力を知って頂き、障がいのある人もない人も、お年寄りも子どもも若者もわけへだてなく生活し、お互いに助け合い、心豊かに、いつも笑顔で、生活できる社会の実現に寄与することを目的に設立致しました。

 

目 的
 
動物介在活動・療法・教育の普及活動に関する事業を行い、人と動物の共存共栄に貢献することを目的とする。
 
障がい者に対する支援に関する事業を行い、障がい者や福祉施設などを市民や企業と結びつけ、もって障がい者自立促進に寄与することを目的とする。

 

 

ここるの願い

 

障がいがあるひともない人も、子どももお年寄りもわけへだてなく生活し、お互いに助け合い、

こころ豊かにいつも笑顔で生活できるバリアフリーな社会をめざします。

 

子どもたちの貧困・虐待・いじめ・不登校など、いろんな社会問題がリンクしており簡単に解決できる問題ではありません。

 

昔あったようなコミュニティを作ることによって、

子どもたちが安心できる居場所を作り、こころを育み、五感を育て、

子どもたちがいつも笑顔で自分の未来を創っていける社会を目指します。

 

 

活動の種類

  1. 保健、医療又は福祉の増進を図る活動

  2. 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動

  3. 社会教育の推進を図る活動

  4. 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動

  5. 子どもの健全育成を図る活動

  6. まちづくりの推進を図る活動

  7. 地域安全活動

  8. 国際協力の活動

事業内容

  1. 障害者施設において生産されるものづくり支援事業

  2. 障害者施設において生産された製品の販売事業

  3. 障害者施設において生産される製品の品質向上支援事業

  4. セラピー犬による介護保健施設、病院などへの訪問活動事業

  5. セラピー犬による教育施設、養育施設などへの訪問活動事業

  6. セラピー犬による個人宅などへの訪問活動事業

  7. アニマル・アシスティッド・セラピストの育成・認定事業

  8. 各種専門家との動物に関する勉強会・セミナーの開催事業

  9. 一般家庭犬のマナー向上に関する啓発・広報活動事業

  10. わんわんパトロール隊による地域の防犯活動事業

  11. その他この法人の目的を達成するために必要な事業