ドッグセラピー

あなたはドッグセラピー(アニマルセラピー)というと、どんなイメージを思いうかべるでしょう?

 

あなたが愛犬を癒すこと?!と思われたでしょうか?

 

メディアでも報道されるようになり、高齢者施設や病院を訪問して、わんちゃんとふれあっている風景を思っておられたでしょうか?

 

わんちゃんが様々な施設を訪問し、ふれあい活動をするのがドッグセラピーになります。
アニマルセラピー・ドッグセラピーという言葉は日本でうまれ日本でしか通じません。

 

一般にアニマルセラピーとはAnimal Assisted Activity動物介在活動になります。

動物とふれあうことによる情緒的な安定、レクレーション、QOLを目的としたふれあい活動です。

ここるの願い

 

障がいがあるひともない人も、子どももお年寄りもわけへだてなく生活し、お互いに助け合い、

こころ豊かにいつも笑顔で生活できるバリアフリーな社会をめざします。

 

子どもたちの貧困・虐待・いじめ・不登校など、いろんな社会問題がリンクしており簡単に解決できる問題ではありません。

 

昔あったようなコミュニティを作ることによって、

子どもたちが安心できる居場所を作り、こころを育み、五感を育て、

子どもたちがいつも笑顔で自分の未来を創っていける社会を目指します。