わんこフレンドリーすくーる

今、日本ではいろいろな動物が人に飼われ一緒に暮らしています。幸せに暮らしている動物さんもいれば、飼い主の知識がないために、その動物の本来の習性にあっていない飼われ方していたり、あるいは動物が感じていることに飼い主が無関心であったり気がつかないために苦しんでいたり、健康を害していたりします。また、飼い主の周りへの配慮が足りないことで近隣住民に迷惑をかけ、苦情を生み動物が悪者にされていることも少なからずあります。

そこで、ひとと暮らす動物たちのことをもっとよく知ってほしい。私たちと同じように心も感情もある動物たちの気持ちを知ってほしいという願いから、一番身近なわんちゃんのこころについて考える「わんこフレンドリーすくーる」を考えました。

子どもの社会のみならず、大人のの社会でのいじめや児童や動物への虐待、子どもたちの自殺など、相手の気持ちになって考えることがことが自然にできるようになれば、動物たちのみならず人への配慮もうまれ、「いのち」にやさしい社会に繋がっていくのではないでしょうか?

 

子どもさんと一緒に話し合いながら、理解を深めていただけたらと思います。

わんちゃんのこころを知ろう


動物福祉 5つの自由とは?
1、飢えと渇きからの自由(ごはんや水は十分ありますか?)
2、不快からの自由(生活環境は快適ですか?)

3、痛み、負傷、疾病からの自由(病気やけがはないですか?)

4、恐怖や抑圧からの自由(いじめたり怖がらせたりしていないですか?)

5、正常な行動をする自由(自然な行動ができるようにしていますか?)

 

子どもさんたちが、いのちの大切さを学ぶことは、捨てられる命を少しでも減らしていくことにもつながり、そして子どもさん自身のいのちを大切にすることにも繋がるのです♡